学科長あいさつ

同窓会の皆様へ
信州大学医学部保健学科同総会名誉会長 金井 誠
(信州大学医学部保健学科長/看護学専攻 小児・母性看護学領域 教授)

 保健学科同窓会の皆様には、平素より在校生の教育および学科運営に多大なご理解とご支援をいただいており、この場をお借りして心から御礼申し上げます。
 今年の夏は、命に関わる災害並みの猛暑でしたが、皆様お元気でしたでしょうか?実際の災害も、大阪府北部地震(6月18日、震度6弱)、平成30年7月豪雨(6月末から7月上旬、台風と梅雨前線による集中豪雨で西日本を中心に全国的な被害発生)、台風12号(7月末に日本列島を逆走)、台風21号(9月4日、25年ぶりに非常に強い勢力のまま上陸し甚大な被害発生)、などと数多く発生し、日本列島に大きな被害と疵痕を残しました。と書いていました9月6日未明、北海道内陸部で震度7の巨大地震が発生しました。被害を受けた方々に心よりお見舞いを申し上げます。
 防災は、国だけでなく大学としても様々な観点で取り組むべき大きな課題となってきていますが、最も重要なのは有事における地域での助け合いだと思います。皆様も、個人のレベルでできる防災対策に取り組むと同時に、地域で助け合う体制を構築しておきましょう。難しいことを始めるのでなく、普段から顔の見える関係で話をしたり、些細な助け合いを始めるだけでも良いかと思います。
 さて、保健学科では、南校舎内の教育環境整備を部局重点事業の一つに位置付けて、新しい環境での教育・研究環境を整備中です。こうした事業には、同窓会から毎年頂戴しております専攻配分の教育・研究経費も自己財源とさせていただいており、大きな支援に重ねて御礼申し上げます。ご来校いただいた際には、是非とも新しい校舎などをご覧いただきたく存じます。
 また、地域保健推進センターの地域貢献活動として市民が参加できる健康講座(春と秋開催)は毎回非常に好評で、継続した開講を希望する声を数多く頂戴しております。本年度も春期は「こころと健康のおはなし」をテーマに4回開講いたしました。秋期も「寒さと健康のおはなし」をテーマに4回の開講を予定しております。皆様方も是非参加してみてください。また今年は、講座内容をDVDにして、地域に貸し出す企画にも取り組んでいます。
 さらに、保健学科と附属病院看護部とが主体となって、平成26年度から実施している文科省・課題解決型高度医療人材養成プログラム『実践力ある在宅療養支援リーダー育成事業』も今年が最終年度となりました。第1期は修了生51人を輩出し、本年12月に修了する第2期生も52名が研修中です。在宅療養で質の高いケアを提供する看護師の育成を目指す本事業は、国や多くの関連施設から大きな期待を受けています。
 以上のように、保健学科では毎年新たな取り組みを積極的に展開しており、さらなる発展に尽力していく所存です。同窓会の皆様方には、一層のご支援とご指導を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

ページ上部へ戻る

同窓会メニュー

信州大学医学部保健学科同窓会

〒390-8621
松本市旭3-1-1