同窓会

信州大学医学部保健学科同窓会会長 川 上 由 行
信州大学名誉教授/医学部特任教授(研究)


松本市広報・公民館報の編集に関わって何年かが経つ。2月の定例編集会議前の雑談で、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が話題になった。やり取りを黙って聴いていたが、ここは川上さんに意見を聞かないと、と急に振られた。「大相撲春場所は中止でしょう。春の選抜高校野球も無理だろうし、夏の東京五輪も中止でしょう」。全員がビックリして「じゃあ、終息はいつ頃になりますか?」と聞かれ、「終息しないと思います」と返した。「来年も、再来年になっても終息しないと思います」。これには全員が、『それはありえない』という雰囲気だった。「新型コロナ感染症(COVID-19)は終息せずグローバルに定着し、人間社会を襲い続けるのでは」と話し出した。「一旦は収束に見えても、決して終息はしない」という思いだったが、編集会議の開始時刻になり雑談は尻切れトンボとなった。そして、その続きを話す機会がないまま今に至っている。

COVID-19は保健学科にも多大な影響を撒き散らしている。卒業式・入学式が中止された。ビデオメッセージの同窓会ガイダンスを作成したが、新入生に見てもらう機会は未だ訪れていない。新入生合宿研修も海外研修も何もかもが中止され、通常の授業にまで影響が及んだ。各種会議もZoomのon-lineで行われ、同窓会総会も初の中止に追い込まれた。

今、『終息の見通しは?』と問われても、「終息すればいいなあ」程度の漠然とした思いしかない。悲観的な見方だが「終息しない」シナリオも準備しておくべき」と、思っている。地球上人類との共存に大成功したSARS-CoV-2との継続的バトルを、私たちは不本意ながら許容せざるを得ないのかも知れない。感染宿主であるヒトに致命的な害を与えれば、自らの子孫を残す術を失ってしまう。SARS-CoV-2は、特に若年層へは大きなダメージを与えず、でも感染力は維持したまま、換言すれば、自らの子孫を残す術を確保しながら、と言う憎らしい程の生き残り戦略を獲得したウイルスだと思いす。

長野県は、来年の7 年に1 度の「善光寺ご開帳」開催を2022 年へ延期した。東京五輪も一年延期で来年7 月23 日を開会式とし、「開催の再延期はない!」とIOC は明言した。安倍首相は来年に延期された東京五輪・パラリンピックを、「人類が新型コロナに打ち勝った証とする」と述べた。でも、本当に開催できるでしょうか?感染拡大が地球規模で「収束」し、WHO によるパンデミックの「終息宣言」発布が大前提かも知れないのに。ワクチンによる制圧への取り組みがグローバルに浸透していなければ、仮に日本だけの収束では、何の意味もないのに。五輪・パラリンピックは、世界が平和で安定した社会状況の下で初めて開催できるものなのだら。

3月一杯で退任された金井誠学科長に代わって、
4月に就任された池上俊彦学科長のもと、こんなコロナ禍の中でも、保健学科が着実に成果を積み重ねていくことを信じ、その進展に対して、保健学科同窓会は精一杯のエールを送り続けます。

信州大学医学部保健学科同総会名誉会長 池上俊彦
(信州大学医学部保健学科長/看護学専攻 成人・老年看護学領域 教授)


このたび金井誠教授の後任として、本年4月1日付で信州大学医学部保健学科学科長を拝命いたしました。このようなご挨拶の機会を設けていただきましたことに感謝申し上げます。私は昭和59年に東北大学を卒業し、盛岡市内の病院で3年間外科研修を行い昭和62年信州大学医学部第一外科に入局、幕内教授就任後肝移植に携わってまいり、平成16年からは医療福祉支援センターで信大病院の医療連携や患者相談業務にも関わってまいりました。平成27年から医学部保健学科で教鞭を執っております。

保健学科同窓会の皆様方には平素より在校生の教育および学科運営に多大なご理解とご支援を賜り、この場をお借りして心から御礼申し上げます。この度のコロナ禍により学内では主要行事である卒業式や入学式が挙行できないのみならず、学生がキャンパスに一堂に会することが感染リスクと判断され基本的には入構ができなくなり、教員側は学生が在宅で学修できるような体制づくりを求められました。本年度前期は普段なら講義室で行われる対面式の授業はすべて遠隔授業として行われました。インターネット環境や端末に問題がある学生に対しては、学内に視聴あるいは資料のダウンロードのためWi-Fiスポットを設け入構を許可しました。演習、実習、研究については5月末から十分な感染予防対策を行った上で入構して行うことが可能になりました。

学生は授業等だけでなく、会食が禁止され、実習前の感染拡大地への移動が禁止され、3密を回避できないアルバイトが禁止されるなど多岐にわたって大きな影響を受けています。経済的に困窮した学生には国や大学としての様々な経済的支援をおこなっており、担任を中心にメンタルを含む様々な相談に対応しています。

学内で例年開催されてきた様々な催し物も中止され、地域保健推進センターの地域貢献活動として市民にも参加いただき大変好評を得ている健康講座も、前期はコロナ禍の影響で中止を余儀なくされており、後期開催も厳しい状況です。言い古されたことですが、普通であることがどれだけ大事かということを身に染みて感じております。

さて、保健学科では、昨年度に引き続き南校舎内の教育環境整備を部局重点事業の一つに位置付けて、教育・研究環境を整備中です。また、本年は特にコロナ禍においても学部教育、大学院教育をスムーズに進められるよう体制を整備しております。こうした事業には、同窓会から毎年ご寄付戴いております専攻配分の教育・研究経費も自己財源とさせていただいており、大きなご支援に重ねて御礼申し上げます。

以上のように、本年度はコロナ対策に追われておりますが、保健学科のさらなる発展に尽力していく所存です。同窓会の皆様方には、一層のご支援とご指導を賜りますよう、よろしくお願い致します。

一日も早い新型コロナウイルス感染症の終息と、皆様のご健康をお祈り申し上げます。

私たち信州大学医学部保健学科同窓会では、同窓会会員相互の親睦を図り、母校との連携を保ち、新入生や編入学生を含む在校生への教育支援活動や、福利厚生関連の目的で活動を行うにあたり、以下の方針に従い、同窓会関係者の個人情報を取り扱うこととします。

1. 法令の遵守
私たちは、個人情報の保護に関する法律、各種関係法令を遵守したうえで、個人情報を取り扱います。

2. 個人情報の利用・取得
私たちは、特定された利用目的の範囲内で、個人情報を収集・取得し、利用することにします。

3. 個人情報の提供
私たちは、信州大学及びその同窓会以外の者に対して個人情報を提供することはありません。

4. 個人情報の安全管理
私たちは、同窓会員の個人情報を適切に管理し、不当なアクセスや個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏洩等に対する必要な予防措置および安全対策を講じることとします。

5. 業務委託
私たちは、個人情報の取扱に関して、必要な範囲内で業務委託を行いますが、個人情報の取扱いを委託する場合は、個人情報の保護について適切な水準にある委託先を選定することとします。

6. 個人情報の開示と削除
私たちは、保有する同窓会員の個人情報について開示を希望される場合は、所定の手続きに基づき開示します。また、開示の結果、万一内容に誤りがある場合には、速やかに訂正します。

収集する個人情報の範囲

1. 信州大学医学部保健学科在校生の氏名、自宅住所、帰省先住所、勤務先名、勤務先所在地、自宅・勤務先等の電話および FAX 番号、Eメールアドレス・携帯メールアドレス、卒業年度、学科又は専攻など

2. アルプス会(看護学専攻同窓会)、桐の木会(助産学専攻同窓会)、臨嶺会(検査技術科学専攻同窓会)、州嶺会(理学・作業療法学専攻同窓会)の会員の氏名、自宅住所、勤務先名、勤務先所在地、自宅・勤務先等の電話および FAX 番号、Eメールアドレス・携帯メールアドレス、卒業年度、学科など

3. 信州大学医学部保健学科、信州大学医療技術短期大学部および前身の各専門学校に勤務し、または勤務したことのある専任教員・職員の氏名、住所、勤務先名、勤務先住所、自宅・勤務先等の連絡先、Eメールアドレス・携帯メールアドレスなど

個人情報の利用目的

1. 信州大学医学部保健学科同窓会が企画する同窓会員相互の交流・懇親のために企画の案内・連絡等のため (同窓会、同窓会総会、セミナーなど)

2. 信州大学本部、医学部医学科、信州大学の他の同窓会員相互の交流・懇親のために企画する同窓会、セミナー、講演会、報告会その他の催し等の案内・連絡・連携等のため

3. 国立大学法人信州大学の産学連携に関する企画や案内等のため

個人情報の提供の範囲

1. 保有する個人データについては、利用目的の範囲内で、信州大学医学部保健学科、信州大学事務局、医学部事務部、信州大学の他の同窓会組織に提供します。

2. 同窓会等の出席者名簿として、出席者に名簿として、配布することがあります。

3. 同窓会名簿の作成・印刷等の目的で、又、案内等の発送のため、当該目的の範囲内で業者に提供することがあります。

保有個人情報の開示・削除等

1. 保有個人情報については、所定の手続きにより、ご本人に開示いたします。

●開示方法
[送付先]
〒390-8621 
長野県松本市旭3丁目1番1号
信州大学医学部保健学科同窓会室宛

本人確認書類
申請書に実印を押印し、印鑑証明書を添付するか、運転免許証、パスポートの写しを添付してください。

費用
返信用封筒に80円切手を貼り、同封してください。

*保健学科同窓会 事務局には、常駐者がおりませんので、開示まで時間がかかることをご了解願います。

●訂正
万一登録内容が誤っている場合は、速やかに訂正いたします。

●削除
保有個人データより削除を希望される場合は、その旨お申し出ください。

2. 個人データの提供について、異議のある方も上記開示請求先までお申し出ください。
提供リストから削除など必要な措置を講じます。
なお、発行済みのアルプス会、桐の木会、臨嶺会、州嶺会 の 名簿については、削除・訂正・回収はできません。

ページ上部へ戻る

同窓会メニュー

信州大学医学部保健学科同窓会

〒390-8621
松本市旭3-1-1