臨嶺会会則

臨嶺会会則

第一章  総  則
第一条 信州大学医学部附属衛生検査技師学校、同臨床検査技師学校、信州大学医療技術短期大学部衛生技術科、同衛生技術学科、信州大学医学部保健学科検査技術科学専攻、信州大学大学院医学系研究科保健学専攻修士課程検査技術科学分野、同博士前期課程検査技術学分野、同博士後期課程医療生命科学分野(以下本学と略する)同窓会を臨嶺会と称する(以下本会と略する)。
第二条 本会は会員相互の親睦を深め、臨床検査技師としての向上を計り、母校を助けることを目的とする。
第三条 本会はその目的を達するため下記の事業を行なう。
1.卒業生名簿の作成    1.会報(臨嶺会会報)の発行
1.その他必要な事業
第四条 本会の事務局を信州大学医学部保健学科検査技術科学専攻内に置く。
第五条 本会は必要に応じて支部を設けることができる。

第二章  会  則
第六条 本会の会員を分かって正会員、特別会員とする。
第七条
一項 本学の卒業生、修了生及び在学生を正会員とする。
二項 本学の現、旧教員を特別会員とする。
第八条 正会員は次の権利と義務を有する。
1.選挙権     1.会費を納める義務
第九条 本会は必要に応じて顧問、名誉会長、名誉顧問を設けることができる。

第三章  役員、委員会
第十条 本会に次の役員を置く。
1.会長 1名  1.副会長 3名 1.幹事 20~30名
1.会計監査 2名 1.事務局 若干名
第十一条 本会に次の委員会を置く。
1.選挙管理委員会 2名     1.編集委員会 若干名
1.表彰選考委員会 若干名
第十二条 会長は会務を総括し、本会を代表する。
副会長は会長を補佐し、会長に事故ある時はその代行をする。
幹事は幹事会を構成し、その会務を執行する(細則は別に定める)。
会計監査は本会の会計を監査し、総会に報告する。
選挙管理委員は総会において会長の選出を公正に実施する。
事務局は議事の収録、書類の保管、集会の通知、会計事務、その他必要な通信を行なう。
第十三条 役員は次により選出又は委嘱する。
1.会長は総会において、正会員の中から選出する。
1.会長は役員、各種委員を正会員の中から推薦し委嘱する。
第十四条 役員の任期は四年とする。
第十五条 本会に学年代表を置く。

第四章  総  会
第十六条 総会は四年毎に開催し、次の事項を審議決定する。
1.事業及び決算報告 1.会則の制定及び改廃 1.会長選出
1.その他必要な事項
第十七条 総会は会長が召集する。また、緊急の場合は会長が臨時総会を設けることができる。
第十八条 議長は総会のつど正会員より選出する。
第十九条 本会の議決は正会員の総会出席者過半数をもって成立する。

第五章  選  挙
第二十条 選挙は総会出席正会員の過半数をもって成立する。

第六章  会  計
第二十一条 本会の会計年度は四月一日をもって始まり、三月三十一日をもって終わる。

第七章  会則改正
第二十二条 本会会則の改正は総会出席正会員の3分の2以上の賛成をもって成立する。

附 則
本会会則は、昭和四十七年四月一日より施行する。
本会会則は、昭和五十七年三月二十一日総会において一部を改正し、昭和五十七年四月一日より施行する。
本会会則は、平成十二年九月二日総会において一部を改正し、平成十三年四月一日より施行する。
本会会則は、平成十七年二月十九日総会において一部を改正し、平成十七年四月一日より施行する。
本会会則は、平成二十一年十月十六日幹事会において一部を改正し、平成十九年四月一日に遡り施行する。
本会会則は、平成二十四年三月二十四日総会において一部を改正し、平成二十四年四月一日より施行する。
 
臨嶺会幹事会細則
1 幹事会は本会の会長、副会長、事務局、幹事によって構成する。
2 会長は幹事会を代表し、必要に応じてこれを召集する。
3 幹事会は総会開催の準備を行なう。
4 緊急の場合は幹事会の議決をもって会務を執行することができる。
5 幹事会の議決は出席者過半数をもって成立する。

附 則
この細則は、昭和四十七年四月一日より施行する。
この細則は、平成十七年二月十九日総会において一部を改正し、平成十七年四月一日より施行する。

ページ上部へ戻る

同窓会メニュー

臨嶺会お問い合わせ

信州大学医学部保健学科
検査技術科学専攻内
臨嶺会事務局

〒390-8621
松本市旭3-1-1
TEL:0263-37-2387
FAX:0263-37-2370